他人とは違う印鑑

印鑑イメージ

近年はスピリチュアルブームあり、パワーストーンという天然石が流行っております。
その石の種類ごとに効力や意味合いが異なり、その効力で運気が変わったりもすることもあります。
その半面、持ち主とその石との相性なんかもあります。
本当に相性が合わない石だと、知らぬ間に紛失したりすることもあるくらいです。

ちなみに私は経験があります。
小学生のころからパワーストーンが好きで、当時はそうとは知らずに、きれいな石として集めたりしていました。
同じく収集していた友人からガーネットをもらったのですが、相性が合わなかったようで、気付いたら無くなっていました。
そんな不思議なこともあったりします。

さて、印鑑をそんな天然石でつくることも、最近はよく目にするようになりました。
色もキレイですし、他人とは違う、変わった印鑑の一種だと思います。
特に女性は好きだと思います。
パワーストーンでも代表的な水晶を始め、ピンク色の可愛い紅水晶(ローズクォーツ)や、深い緑のアベンチュリンや、宝石として名が知れているルビーなんかも扱っているところがあるようです。
そして何より、天然のものだと一つ一つ風合いや柄、色合いが違うので、まさに世界に一つだけの自分のはんこになるわけです。

また、水晶には魔よけの意味があります。
印鑑とは自分の名前が彫ってある、自分の分身ですから、その印鑑に水晶を使うということはとても意味のあることではないでしょうか。
銀行印にいいかもしれません。

ページの先頭へ